よわいプヨグヤマの憂鬱.log

プログラマを目指してる学生のブログ

ArchベースのモダンデザインなOS、Liri OSを試してみた。

知らなかったので試してみます👍
Liri… 元ネタは百合(Lily)ですかね、キマシタワーをココに建てたい🗼

Liri OSはArch LinuxベースのモダンデザインなOS、らしいです。

アルファ版とのことで、仮想環境で動かそうと思いましたが、Liri OS公式曰く。
「Liri OSはWaylandを使っています、ちなみにVirtualBoxはWayland使えないです。」

らしいです…VirtualBox使おうと思ってたけど出端を挫かれた…
なので、今回は公式のVirtual MachineQemuで動くって書いてあるのでそれで試します。

Qemuの準備

Arch Linuxならpacman -S qemuで入ります、この際なのでArch Linuxどうですか〜

ISOイメージの準備

ここからダウンロード、IMAGES -> hereでダウンロードできます。
2018/06/01現在、最新版は2018/04/12更新となっています、(更新)止まるんじゃねえぞ…💃

Qemuで動かす

ISOイメージのある場所に移動して
qemu-system-x86_64 -enable-kvm -m 1G -vga qxl -cdrom lirios-2018.04.12.iso
とかで起動できます。

起動した

しばらく待つとBootMenuが出てくるのでそのままEnter

デデドン

ログインのパスワードとか知らない😥
ですが、適当にEnter押したら入れました👏

パスワードあると見せかけて無いパターンでしたか🔓



なんというか、Chrome OSっぽいですね。
初心者でも親しみやすい感じがします。

f:id:clomsync:20180602185452p:plain
f:id:clomsync:20180602185445p:plain
設定も全体的にAndroidっぽい感じでまとまってますね。

初期状態ではあまりソフトは入っていませんが、
Arch Linuxベースなので、逆にこれがいい。

感想

Qemuで動かしたからか、私のQemuの使い方が良くなかったのか、結構もっさりしてましたね。

Liri OSで使われている、というかLiri OSのプロジェクトで作られたソフトウェアは、Arch Linuxリポジトリとしても提供されています。
現状使いたいのであれば、新しくインストールしたArch Linuxに追加して使ったほうがいいかもしれません。