Arch Linux初心者の奮闘記

Arch Linuxを使う学生の奮闘記

メインPCのArch Linuxが瞬断により壊れた話

どうも、clomsyncです。

 

2〜3日前、Ethereum Walletのセットアップやpacmanでパッケージを操作しているときに電源が瞬断し、結果的にArch Linuxが壊れました😥

NEW GAME!!で言う、ねねっちに電源コードを抜かれ、作業中のデータが飛んだうみこさんの気分が更によく分かった。

私はOSが飛んだんだけどね、あはははは。

 

あと、瞬断とは言ってもマイクロ秒とかじゃなくて2〜3秒ほど電源断されてたので「秒断」って感じですが、語感が悪くなるのでここでは「瞬断」と呼びます😅

 

瞬断の原因

ちょうどその時、父がシーリングライトの蛍光灯を通電したまま交換していたので、恐らくそれが原因でしょう🤔

というか、家には父と私しか居なかったのと、瞬断が起こってすぐにリビングに行ったら父が脚立に乗って交換してたんで確定でしょうね…

 

「瞬断した!…って何で通電状態で交換作業してるのかな?」

って控えめに突っこんだけど、ピンと来ない顔をされたので諦めましたが、危険極まりない行為なので本当にやめてほしい。

 

父曰く「だって、通電したら光るし分かりやすいじゃん」

…って、途中で付け替えても点灯管って正しく機能する物なの? 

↑グロー球とも呼ぶ、正式名称が「点灯管」ってさっき知ったよ。

悲劇

その後、一応は起動出来ましたが、GUI関係がおかしくなったのでpacmanでパッケージを再インストールしてみたところ、pacmanまでおかしくなっていろいろ吹っ飛びました😇

※具体的にはi3-wmが起動できなくなり、pacmanでパッケージを再インストールしようとしたらエラーが出て/binのリンクなども色々と消えてしまって心が折れた。

この後LiveUSBで起動してリンク貼り直してarch-chrootしてみたけど、失敗したので復旧は諦めた。

 

被害状況

私の「OS以外のデータ」は無事だったみたいですが、OS飛ぶのは精神的なショックが結構大かったです😓

他に家族の写真や動画のデータも入ってるけど、その時は弄ってなかったから多分大丈夫…と願っている

 

今後の対策

Twitterでもこの事を呟いたところ

UPS買わないといけない案件なのでは」

って反応があったけど、お金が無いので継続した管理も難しい。

SOHOとかなら勿論UPSとかはあったほうが良いんだけどね😅

オムロン 無停電電源装置(常時商用給電/正弦波出力) 500VA/300W BY50S

オムロン 無停電電源装置(常時商用給電/正弦波出力) 500VA/300W BY50S

 

↑正弦波出力とかはやっぱり高い、安いのもあるけど人間で言うペースメーカーみたいな物なのでちゃんとしたのを使いたいから、このぐらいのが欲しい。

 

今回は突然の電源断の対策をすれば良かっただけの話だけど、いつも父の行動は全く予測できないので、次に何が起こるのかはわからない…

それに、UPSを買うのは高校生の財布には厳しすぎる。

 

HDD追加してNILFSとかで冗長化するしかないかな…

HDDも高いんだよなぁ…WD Blueの1TBでも1本6000円ぐらいする。

 

単プラッタHDDとかどこかのメーカーが作ってくれないかな…

1000円ぐらいの200GBのHDDをホットスワップ対応したケースに入れるとか。

私みたいな、あまり大きなデータを扱わない人は助かるんだけど。